Blog&column
ブログ・コラム

掃除用洗剤の使い分けについて

query_builder 2022/09/15
コラム
44
掃除用の洗剤を選ぶ時、どんな選び方をしていますか。
実は洗剤には、効果を発揮できる汚れとそうでないものがあります。
今回は掃除に役立つ掃除用洗剤の使い分けを紹介します。

▼洗剤の種類
洗剤には3種類あり、それぞれに特徴があります。

■酸性洗剤
酸性洗剤は、PH値が3未満の洗剤の事を言います。
アルカリ性の汚れに強く、アルカリ性の汚れに効果があります。

・お風呂場…水垢、石鹸のカス、、鏡のミス垢、椅子と洗面器の水垢
キッチン…蛇口、ポットの水垢、シンクの水垢、生ごみの臭い
・トイレ…尿石、水垢、アンモニア臭
・リビング…タバコ臭

■中性洗剤
中性洗剤は、PH値が6~8の洗剤の事です。酸性とアルカリ性の中間にあたる洗剤で、洗浄作用はそれほどでもありません。
しかし、肌にも優しく、掃除するものにもあまり害はありません。

万能に使えるのが中性洗剤の特徴です。
キッチン…食器、調理家電、油汚れ
・リビング…や壁の皮脂汚れ、食品の汚れ

■アルカリ性洗剤
アルカリ性洗剤は、PH値9~11の洗剤です。
アルカリ性洗剤は酸性の汚れに強く、たんぱく質や脂肪を溶解することが出来ます。

・お風呂場…皮脂汚れ、湯垢、排水溝
キッチン…油汚れ、グリル汚れ、排水溝などのヌメリ、生ごみの臭い
・リビング…壁などのてあか、タバコのヤニ汚れ

▼洗剤を使うときに注意すべき点
3種類の洗剤を素養する際には、気を付けておきたい点もあります。

■混ぜたらいけないものもある
塩素系の漂白剤と酸性の洗剤を一緒に使用すると、塩素ガスが発生し人体に影響がります。
洗剤を使う詩には、きちんと使用上の注意を守り使いましょう。

■洗剤に合った場所に使う
洗剤に適さない場所や物に使うと、その物を痛めてしまう可能性があります。
どんな風に使用するのかも、きちんと知った上で使用しましょう。

▼まとめ
掃除用洗剤は、それぞれに特徴があり使い分けが必要です。
落としたい汚れには、どの洗剤があっているか確認して使用しましょう。

NEW

  • query_builder 2022/05/26
  • 物置塗装

    query_builder 2022/05/25
  • 本日の空室クリーニング

    query_builder 2022/01/20
  • 令和4年初 エアコンクリーニング

    query_builder 2022/01/16
  • 空室クリーニング

    query_builder 2022/01/08

CATEGORY

ARCHIVE