Blog&column
ブログ・コラム

浴室のカビ対策について

query_builder 2022/08/15
コラム
42
浴室に関するお困りごとはありませんか。
お掃除や日頃の対策を少し怠っただけでも、あっという間にカビが生えてしまいますよね。
そこで、浴室のカビ対策を紹介します。

▼カビが生える条件
カビは温度が20~30℃くらいで水分が適度にある場所を好み、人間の汚れを栄養にします。
したがって、この条件が全て揃う浴室はカビが繁殖していくには絶好の場所なのです。

浴室のカビ対策
浴室の温度・水分・栄養の条件を出来るだけ減らすことが重要です。
具体的な対策方法は以下の通りです。

■浴槽のフタをする
浴槽にお湯を溜めている時は、入浴中以外はフタをしましょう。
フタを開けっ放しにすると、湯気によってカビが好む温度や湿度になります。
フタを閉めることで、残り湯を洗濯物に使うときに、汚れが落ちやすくなりますよ。

■お湯のシャワーをかける
水滴を落とすために、お湯のシャワーをかけることが効果的です。
ちなみに、浴室の温度を下げるために冷水のシャワーをかけると、カビが生えやすい環境を作ってしまいます。
お湯のシャワーをかけた後は、きちんと換気をすれば温度が下がってカビが生えにくくなりますよ。

■換気を行う
入浴後は、換気扇を回したり窓を開けることをおすすめします。
熱気や湿気を部屋の外に排出し、温度を下げることでカビの発生を抑えることができますよ。

■水滴を拭き取る
入浴後に、浴室内の壁やに付着した水滴をスクイージーなや水切りワイパーなどで拭き取りましょう。
水滴を拭き取ることで、カビの発生を抑えることができます。

■洗剤を使って汚れを落とす
1週間に1回のペースで、浴室用洗剤を使い浴室内の汚れを落としましょう。
壁は柔らかいスポンジで掃除を行い、の部分は浴室用のブラシを使うと効果的です。

▼まとめ
浴室のカビ対策は、カビが生えてくる条件をなくすことが重要です。
日頃から浴室内の水分を拭き取り、換気を行うことでカビの発生を出来るだけ抑えることができますよ。
また、弊社では個人の方では対処できない浴室のカビ対策を行っております。
お困りの方はいつでもご連絡くださいね。

NEW

  • query_builder 2022/05/26
  • 物置塗装

    query_builder 2022/05/25
  • 本日の空室クリーニング

    query_builder 2022/01/20
  • 令和4年初 エアコンクリーニング

    query_builder 2022/01/16
  • 空室クリーニング

    query_builder 2022/01/08

CATEGORY

ARCHIVE